整体を受ける心得

こんにちは。札幌厚別江別いつも♪にこにこ津田整体院です。

数日前、行きつけの40キロ離れた整体院へ、整体治療を受けに行ってきました。事前に予約してあって4ヶ月に1度の通院ペースなんです。

このS整体治療院は、僕の整体院と違って(笑)、いつも繁盛しています。しかも1人に掛ける整体時間も短いので、かなりの人数を診ていることと思います。

ぶっちゃけ大した治療はしていないように感じるのですが(S先生ごめんなさい…^^;笑)、S先生の何がスゴいかというと“見立て”です。医学的にいうと診断能力といったところでしょうか。

どこの骨格がどう歪んでいるのか?不具合を起こしているのか?
それがS先生の頭の中に細かな立体映像となって映し出されているのでしょう。僕も一応プロの端くれですから(^^;笑)、大まかな歪みは把握しているのですが、当然のように僕自身が考えている歪み通りの見立て(診断)ですわね♪

ところが、S先生はここから更に鋭い見立てをしてくれるんです!
「何番と何番が歪んでいるね」
「今回はここの箇所だけが前後にちょっと歪んでいるね」
という感じで。
しかも的外れでなく、「なるほどぉ〜。これが原因で左上半身が今イチ調子悪かったのか〜」といった感じで 『なるほど〜』 っていう素晴らしいご指摘なんですよね〜。

整体は “見立て力” でほぼ決まります。あとは歪みを チョイ♪チョイ♪ って正すだけなんですよね。見立てさえしっかり出来ていれば、余計な事は一切しなくても良い効率的な整体治療ができる。だから S先生の施術は 大した治療をしていないように見えちゃうんです。

ただし、最も重要なのは、整体を受ける前後のお客さん(患者さん)自身の “心構え” です!

まずは事前に計画や予定を組む、つまり 早めの予約を入れる ということですね。

上述したように、僕は4ヶ月前から整体の予約を入れております。趣味でやっていたボディビルの減量やコンディション調整でも、選手はみんな年間単位で大まかな計画を組んでいます。その結果、ベストな肉体美へと持っていけるのです。

本当にカラダを良くしたいのならば、整体も同じだと思います。

あと整体当日は、治療時までご飯は食べないことですかね。プチ断食です。
ご飯を食べることで消化のほうにエネルギーが消費され、その分、カラダの不具合や不調を治す免疫力向上に費やすエネルギーが減ってしまうのです。その結果、せっかく矯正しても、その効果が下がってしまいます(と思います)。

少なくとも整体直前の飲食などNGです。
整体をすると血流が全身に巡るので、その分、胃の消化に使われる血液が減り、消化不良を起こしてしまうのです。下手をすれば食べたものを吐いてしまいます。

そして整体後ですが、その日はできるだけ安静に(静かに)過ごすということですかね。塗装じゃないですが、乾くというか、安定化するというか、矯正した骨格が沈着するまで しばしの時間が必要なんです(とS先生に言われました)。

日々行っている趣味の筋トレも、その日はオフ(休み)にします。余計な負荷を掛けることで、せっかく矯正したのに、また歪み戻ってしまうからです。

ここからは僕個人の持論であり、スピリチュアル的になってしまいますが、心も “無” にするというか、心身共に整体治療後のその日に関しては 静水のように穏やかに過ごすべき だと思っております。

全ての人やモノには “波動エネルギー” があります。人と会うことで、せっかく “無” にしていた心(波動?)が乱れちゃいます。友人や知人からのお誘いがあっても、整体の日は丁重にお断りさせて頂いております(ゴメンね〜 ^^♪)。
(※注:肩こりや腰痛が辛いといった整体院の予約が入った場合はお受けしています。通常通り営業しています。)

整体を施す側(施術者)も、整体を受ける側(被施術者)も、ベストなパフォーマンスでのぞめればいいですね(^^;♪)。

このブログを読まれた皆さまの今後の整体予約の参考にして頂ければ幸いです。
整体院のほうも事前にご予約いただけると、「ああやってみよう♪このようにやろう♪」みたいな お客様個々への施術(整体治療)計画を事前に組めるため、とても助かると思いますよ(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です