労働を考える

おはようございます。札幌厚別江別の津田整体院(旧にこにこ整体院)です。

連日続いた猛暑もようやっと終わりを迎え涼しくなってきました。人間は気温差に弱いので、さっそくお盆休み期間中の予約が入ってきました。お盆休み期間初日にあたる、8月10日(土)と11(日)、そして13(火)に予約がポツポツ入って来ています。

でも今日は天気が悪いのもあって今のところ暇モードです(笑)。そんなんで今現在(8月9日の朝9時時点)は、ビジネスや事業に関する勉強(ネットサーフィン)をしております。そんななか、おもしろいページを見掛けました↓↓。

■みんな労働者をやめて、経営者になったほうがいい! オリラジ・中田敦彦さんが掲げる「労働2.0」
https://book.asahi.com/article/12244279

オリラジ・中田敦彦さんの本を読んだことがありますが、頭がいいんですよね〜。実に共感させられますね。

このページの中で気になった点を何個かあげてみます。

『 本当に大事なのは「お金の作り方」がわかることだと思ってます。そうすれば自然とやりたいことが見つかる。お金の作り方がわからないから、言われたことをやらされるか、自分の考えてることをやってるけどお金が作れてないかって状況になる。 』

中田敦彦さんは吉本興業の芸人さんですが「(芸人活動で)お金をもらっていたんですけど、お金を作ってはいなかった。だからやりたくないことも飲まなきゃいけなかった。労働者であった」と言われています。だからこそ、自分でカネを作る “事業(ビジネス)” をやろうと思ったそうです。

僕は整体業を営んでいますが、おそらく同じ年齢位のサラリーマンよりも全然稼げていないでしょう。その代わり時間的余裕や、やりたくないことを飲まなくていい自由感、組織に束縛されない開放感があって、そのことは何にも代えがたいものです。ストレスはゼロです(ただしお金のストレス以外!^^;笑)。

『 いま僕がなにを楽しんでるかというと、午前中しか仕事をしないこと。しかも10時半から12時までの1時間半。10時半に自分の店に行って、打ち合わせ、出入金の確認、オンラインサロンの記事執筆やファンクラブの動画アップ。あとは店員に指示を出してお店を任せる。それで午後から遊びに行く… 』

そう!これなんですよ! 世の中のみんなが目指すべき道は! うまく仕組みを形成できれば、午前中だけ仕事すればいいですよね(^^)。あとは好きなことをすれば良いんですよ。

僕の整体業も食べてだけいくには1日2〜3人来ればOKです。すると掃除や準備の時間や事務作業の時間を入れても1日4〜5時間程度の労働ですよね。ただ整体のお客さんというのは、肩こりや腰痛など いつ体調が悪くなるか、いつ来られるかが分かりません。労働時間こそ短いものの、朝・昼・晩と長い時間帯に分散してしまうのが整体業の欠点ですね。午前中だけで効率的に終われる中田敦彦さんはとても羨ましいですね。しかも稼げてる(^^)!

中田敦彦さんもおっしゃられていますが理想としては
「労働者をやめて経営者になったほうがいい」
と思いますね(o^^o)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です