北海道胆振東部地震 震度6弱余震の件

昨日の夜の大地震はビックリしました。 我が江別市は震度4強といったところでした。 幸いにも揺れる時間が短かったので、震度4だったものの、もし長く揺れていたならば、震度5以上くらいに感じる激しい揺れでした。 この地震に関する様々な情報が錯そうしていますので、今回のブログ記事にて緊急特集として取り上げてみたいと思います。

■ 震度6弱地震を「人災」 鳩山由紀夫元首相のツイッター、道警がデマ認定↓(産経新聞記事)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000581-san-pol

「再び厚真町を震源とする震度6の地震が起きてしまった。本来地震にほとんど見舞われなかった地域だけに、CCSによる人災と呼ばざるを得ない」 と鳩山元総理がご投稿されたとの事です。

CCSは工場などから出る二酸化炭素(CO2)を高圧で地下の岩盤層に閉じ込める技術みたいです。
高圧で岩盤層に閉じ込めるゆえ、周辺の岩盤層が何かしらの影響を受け、大地震が発生すると疑う識者もおらっしゃいます(鳩山総理もその御一人)。
そして、このCCSは北海道胆振管内・苫小牧市にある施設で震源地にかなり近いのです。

デマと簡単に切り捨てて良いのでしょうか?
道民が安心できるためにも、このCCSについては徹底的に検証して頂きたいものですね。

どこの新聞社もデマだの一点張りで切り捨てるように報じ、鳩山総理を “変人扱い” していますが(確かに宇宙人と呼ばれていますが ^^;笑)、同氏は東大出の理系エリートであられたと思います。 それなりに自己検証したうえでのご投稿のような気もします。 徹底的に安心安全を証明して頂き、私たち道民を安心させて欲しいです。

デマだと切り捨てるのはそれからでも遅くはありません。

今回の地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。


【鳩山元総理のCCSに関する主な投稿↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です