町内会排雪からみえた人手不足

こんにちは。札幌厚別江別の津田整体院(旧にこにこ整体院)です。 2月5日は町内会排雪日でしたので、今回のタイトルは『町内会排雪からみえた人手不足』にしようと思います。

まずは下記リンクの記事をご覧ください。
*町内会排雪から考える(2018年2月5日)
https://ameblo.jp/nikoseitai3872776/entry-12350288649.html

これは私が書いた昨年同時期の町内会排雪と整体を絡めた記事だったのですが、排雪のやり方は昨年度と同じはずだったのに、何だか今年は作業の流れがスゴく悪かったのです。。

町内会排雪の手順は以下の通りです。
【A】 例年クルマがすれ違えないくらいに雪がこんもりたまっています。
【B】 まずは大きい通りにある雪をロータリー車とダンプカーにて排雪します。
【C】 次に中の小道のたくさんの雪を、先ほど【B】で取り除いた大きい道へと集めます。
【D】 そして再びその雪(大きい通りにある雪)をロータリー車とダンプカーにて排雪します。

例年通りでしたらば、排雪日当日の夕方までにはだいたい片付くなのですが、今年に関しては何だか様子が違ったんです。。
まずいつもなら【B】の作業(大きい通りにある雪をロータリー車とダンプカーにて排雪)が朝9時には始まるはずなんですが、待てども待てども始まりません。結局 始まったのは昼頃だったでのでしょうか(^^;)。 あとは【D】の最後の仕上げ排雪に関しても何だかトロトロと遅かったのです。

近所の皆さまがたも「なんでこんなに手間取るんだ。遅い~」って、最初は文句ブーブーだったんですが、井戸端話を進めていくうちにある結論へと至りました。。

「遅いのは排雪するダンプカーの台数(人手)が少ないからではないか?」と。。
そう 人手不足 です!

排雪というのは、雪を大型ダンプカーに積み、それを郊外の排雪場へと運ぶ作業なんですが、このダンプ運転手さんが大幅に不足しているのです! 今回の排雪ひとつとっても、我が日本は深刻な人手不足なんだなぁ~って。。

除雪車のオペレーターさんや、土木作業員やダンプ運転手さんは、日本のインフラの維持には無くてはならない存在です。 そのうち 『排雪もできません~(涙”)』 ってなり、日常生活ができなくなる時代が来るかも知れない深刻な事態です。 冬の大雪でも私の整体院にお客様が来れるのは、これら作業員さん達が除雪や排雪をしてくれているからなんです。 インフラが乱れると整体業のみならず、他の産業も成り立たないでしょう。 このインフラ整備に従事される方々の人手不足問題。ここらで真剣に考えねばと思った今日この頃でした。

ではでは、どうすれば除雪車のオペレーターやダンプ運転手など業界の人手不足が解消するのか!? 私は過去に個人事業者仲間さんらと討論会したことがありました(討論会って大袈裟ですが…^^;笑)。

私は 「給料を上げれば増えてくるよ。月20万円なのを、30万や40万にしていければ増えていくのでは♪」 と言いました。

すると知人が 「俺はそうは思わない。行きたくものは行きたくないよ。特に今の若者世代はね!」 と反論してきました。
そのまま続けて 「それじゃあ エイジ(私の事)が整体やめて転職すればいいっしょ? 今の(繁盛していない)整体院よりも手取りは良くなるはずでしょ?」 と畳みかけてきました。

私は思わず 「う~ん。それは(やだなぁ~)(--;)。。」 って言葉に詰まっちゃいました。

言葉に詰まったところで その知人はこう言ってきました。
「でしょ!エイジもそうなら、今の若者だって同じ気持ちだよ。給料上げたくらいでは辛かったり面白くない仕事には行かないもんだよ

その日の討論会はそこで終わりました。。
結局どうなんでしょう? 給料が上がることによって、それらの業界に行く若者は増えるのでしょうか?

私見になりますが、知人が完全否定した “給料アップ作戦” は全く無意味でもないと思いますね。 もし給料が上がれば、辛いといわれる 土木・ダンプ運転手・介護などの業種へ、若者10人いたら1人くらいは就いてくれるのではないかと(^^;)。

あとは土木・ダンプ運転手・介護などの本来嫌われがちな職種が、日本国民から誇りと思われるように、国やメディア総動員でのイメージアップ作戦なんかしたらどうかと思います。 例えば、オリンピックなんかでは、新聞やテレビは、めぼしい選手を徹底特集しますよね。このようにチヤホヤされると嬉しいものです。

土木工事やダンプ運転のテクニック、または除雪車の操作テクニックを競い合うような技能五輪みたいなものを開催したら良いと思います。 日本国主催で開催し、金メダリストには、賞金1千万円くらい大盤振る舞いで出したり、新聞やテレビで大々的に報道してもらうように”要請”するなどしたらどうなんでしょうねぇ~。

国もメディアもスポーツ選手ばかり持ち上げますが、これらの選手がいなくなっても国民の日常生活に影響はありません。 しかし 除雪のオペレーターさんやダンプ運転手さんがいなくなると、すごぉ~く困ります。 むしろ持ち上げるのはこれらの方々なのではないでしょうか。

私は今回のダンプ運転手不足によると思われる、町内会排雪作業が遅れる様子をみて、とても危機感を抱きました。
皆さん、除雪車のオペレーターさんや、土木作業員やダンプ運転手さんに感謝の意を捧げましょう(^^♪)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です