続・整体院の営業自粛について調べてみました。

日本全国で、不要不急の外出自粛令や、各種産業への休業要請となってしまい、我々整体業界にも その暗黒の波が押し寄せてきました。
そこで整体院の自粛要請について少し調べてみました。

■店舗経営者の新型コロナウイルス感染対策(整体院・エステサロン・学習塾等)
【休業要請について/営業自粛するかどうか】の項目
https://www.akibare-hp.jp/kouza/seitai_tenpo_coronavirus/

によると、東京圏などでは、治療院(整体院・接骨院・整骨院・鍼灸院・あん摩マッサージ指圧院)業種は、休業要請の対象外であり、感染防止をしっかりと行った上で営業可能との事です。

私たち整体院(整体師)は、接骨院・整骨院などの国家資格者ではなく、いち民間療法者(悪く言えば無資格者)に過ぎません。だから整骨院や病院では「治療(治療費)」と言いますが、我々整体院では「施術(施術料)」と言います。治すのではなく、あくまでも施すでございますね(まあ治さなくてもいいんです ^^;爆笑)。

しかしながら 世間への普及度から、東京圏では「治療院や医療的機関」と同じ扱いをしてくれているようです。お役人さんの中によほどの整体好きでもおらっしゃるのでしょうか?(笑)

一方、北海道は実に微妙なんです(^^;)笑。。

北海道の整体院の休業要請&自粛対象状況画像

基本的には、クラスター(集団感染)で叩かれているスポーツクラブ同様、「休業要請」対象業種ではあるものの、備考として「(ただし)主として利用者(患者さん)が身体機能の維持を目的として利用する施設は要請の対象外」となっているのです!

おそらくですが、北海道や札幌圏のお役人さんの中にも「整体通」の方々がおらっしゃったのでしょう(笑)。
ボク(お役人さん)が通ってる整体院が潰れても困っちゃうし「まあ仕方ないかな…(^^;)」って感じなのかも?(笑)。
よくガンバって「主として利用者が身体機能の維持を目的として利用する施設は要請の対象外」の文言を入れてくれました!感謝感激♥

ただ、リラクゼーションを前面に押し出し 不特定多数が来る チェーン店は「身体機能維持目的」とはならないのかもしれません。大手チェーンの「りら○る」さんや、札幌都市圏の複数スタッフを抱える規模のサロン(整体サロン)は、休業要請を受け入れ自粛を決断されたようです。

まあ、何はともあれ、僕の経営する「いつも♪にこにこ津田整体院」のような吹けば飛ぶゴミのような整体院は、「ギリギリ運営継続していてもいいんじゃね(^^;)笑♥」って解釈しております。

だからと言って「他が休んでる!これをチャンスにお客さんの大獲得キャンペーンを展開してやろう!!」とは、僕はなりません。

経営をする者にとって、「長期休業」を決断することが いかに勇気のいることか! これは実際に経営されてみないと分からないかもしれません。
多くのお客さん(患者さん)は腰痛や肩こりで辛くて追い詰められて、いつも通っている治療院へ行くのです。ところが「長期休業」だった…
さてはて、その治療院が再開するのを待ってくれるでしょうか?…
答えは「否」です。他の空いている治療院へ行ってしまうと思います。そしてそのお客さんは二度と戻っては来ない!二度とです!(涙)。。

チラシは500枚配って新規1人、最近なら不景気だから1000枚配って新規1人の反応でしょう。するとチラシ代1.5円+折込代3.5円=1枚5円で計算すると、1000枚だと1人の新規さん獲得に5000円といったところでしょうか。しかし、どこの地域に肩こりや腰痛で悩んでいる人がいるかは分からないので、数万枚とかチラシ撒きする必要があります。
なけなしのカネを叩(はた)いて、血と汗を込めて折り込んだチラシで、ようやっと獲得したお客さんが、自分が意図としない休業を強いられる事で、どこかへと去っていく(涙)(涙)。。
悔しいでしょうねぇ〜。。


■仕事せずに家にいろ!★それでも現場を回す中小零細
(byキミアキ先生の起業酔話)

ビジネスというのはサービスや商品を「納品」する事で成立します。納品しない限り絶対に成立しません!(詐欺師以外は!笑)。
その納品ができないのです! これは死活問題なんです!
経営を継続することで、新型コロナウイルスを蔓延させてしまうリスクや道義的責任も伴う、しかし納品できなければ、取引先(お客さん)は急を要する場合、他に行ってしまうモンです。
だから「やめられない、とまらない、カルビーのカッパえびせん♪」となるのですねぇ〜(笑)。

僕は、実家は安定してるし、子供もいないし、嫁さんも働いているので、まだ楽チンですが、他の方々は、家族を支え 子供を飢えさせてはならない場合も多い。
う〜ん、、止める(長期休業する)決断はできないでしょう。
たとえツィッターや自治体から叩かれようが責められようが、「新型コロナウイルスの感染源」にならない事を、何とか、何とか、神様や お釈迦様に 祈って働き続けるしか無いのだと思います。

ケチつけたり文句をいう人はたくさんいますが、助けてくれる人はいません。
ちょっと上から目線の書き方になっちゃいますが、経営(生き抜いていく)とはそういうものです!プチ命がけなんです!

「だったら止めちまえよ!」という人もおらっしゃるかもしれませんが、、、そうは言われてもですねぇ〜(ー^ー;)

これは、「りら○る」さんの経営陣も同じ気持ちだと思います。資本力のある大手と言えども同じです。
いや、、図体がデカいからこそ、僕らゴミ規模の整体院よりもリスクは大きいかもしれません。
相当な決断だったのでしょう!敵ながらアッパレです!ご英断のほど、心中お察し申し上げます。

だからこそ 僕はね、「他が休んでる!これをチャンスにお客さんの大獲得キャンペーンを展開してやろう!!」とはね、決してならないんですよね。

僕の整体院は、機能維持目的のお客さん(腰痛ヒドくて日常生活しんどい等のリラクゼーションを超えたレベルのお客さん)もおらっしゃるため、英断で休業要請を受け入れた他の整体院さんらに対しては 大変申し訳ないのですが、時間自粛をしたり、受けるお客さんの条件を厳格にしながら、最低限の営業は続けさせて頂きたいとは考えております。

札幌厚別江別いつも♪にこにこ津田整体院の自粛詳細

偉そうな書き方しちゃってスミマセンでした〜(o^^o)終。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です