言い切る勇気

こんにちは。札幌厚別江別の津田整体院(旧にこにこ整体院)です。

昨日は、私自身が4ヶ月に一度の整体治療を受けてきました。趣味であった筋トレの先輩から紹介いただいた約40キロ離れた繁盛整体院のS治療院へ、3年前から通っているんです。

同じ整体師なんですが、その治療院のS先生には、いつも【治療師としての凄さ】を見せつけられます。

私が整体院の施術台にうつ伏せになると、S先生は開口一番、「いや、いや、骨盤が狂っていないし、腰椎の後傾(いわゆる猫腰)もかなり改善している! 過去最高の状態だよ♪」って言ってこられたのです。

「寝る時の下のクッションとかを薄くしたり、何かと歪まないように心がけてもいるから、それら日々の行いが功を奏したのでしょうかね〜」

私は何も言葉を返さないワケにもいかないので、とりあえずこのように返しました。

するとS先生から予想だにしない言葉が返ってきたのです!

「それは違うよ!(俺の)整体治療の効果だよ!」

なんとまあ、びっくりポン!(驚)
ここまで断定的に「整体の効果だ!」と言い切ってしまうとは!

私は確かに通ってもう3年になりますが、4ヶ月に一度のペースです。4ヶ月を時間換算すると、24時間×120日=2880時間で、治療時間などそのうちの僅か30分程度です!
「2880分の0.5(0.02%)」… その「(わずか)30分による効果だ」と断定しちゃうのです!

私は批判したいのではございません。ある意味、ここまで言い切ってしまえるS先生の凄さに驚いているんです! ここまでは中々言えないものです。

ここまで言い切れるのは、キチンとした 見立て(歪みの判断)と、アジャストメント(適切な矯正や治療)を施しているから当然だという、S先生から醸し出る絶対の自信があるからこそなんです。

「俺は長年いろいろな患者を診てきたんだ。積みに積み重ねて培われた 【俺の腕前】 に間違いはない!」(※注)
このような整体治療家としてのプライドみたいなものが、触れられている腕から伝わってくるんですよね〜。
(※注:S先生が直接このように言われているワケではございませんので ^^;)

でもですね、S先生に怒られちゃうかもしれませんが、受けた感じは大した治療じゃないんです(笑)。 少し擦るような簡素なホグしのあと、矯正したい部分だけガクガクと動く 特殊な整体ベッド(トムソンベッド)で「ちょちょいのチョイ♪」って矯正して終わりなんです(笑)。「こんなんで終わりか〜」って感じ(笑)。それでも超ぉ繁盛しているんですよね〜。

この差はなんなんでしょう。いつも繁盛しているS治療院のS先生、今ひとつパッとしない札幌厚別江別の津田整体院のわたくし津田。。

(上手い下手はともかく^^;笑)ぶっちゃけ、私の整体施術の方が【ボリューム満載】です!
整体としての受けた感じや充実度は、当院のほうがあると自負しております(※何回も言いますけど、上手い下手はともかくとしてですけどね!^^;笑)。

まあ 見立てのスキル(歪みの検査能力)では、もちろんS先生は素晴らしいですが、私も何だかんだで17年の整体師歴。それなりにお客様のお体の状況把握はできるようになって来たと思っているんですけどね〜(^^;?!)。

S先生との差は何なのかを考えていた矢先、私の嫁さんとの会話からその答えになるヒントを得たのです!

[以下、嫁さんの話]
隣の部屋で患者さんとの会話を聞いていると、エイジさん(整体師津田の名前)は患者さんに対して、いつも「これでどうですかね? これでどうですかね?(^^;)」って不安げな感じで聞くけど、患者側からすると「自分に聞くなよ〜。大丈夫なのかこの先生は?」ってなっちゃうよ〜。
もっとドーンと構えて「もう十分に施しましたから、今日はこれで終了です!」って言い切って良いと思うんだよね。

私は決して不安げに「どうですかね?」と聞いていたワケではございません。できる限りお客様側に満足して頂こう、要望をくみ取ろうと思っての発言だったんですよね。でも、かえって患者さん側に不安感を与えるような言い方だったのもかもしれません。。

・・・!!
そ、そうか! S先生との差はここにあったのか!

【言い切る勇気!】

この差だったのです!

私の「どうですかね?(まだ何かやって欲しい箇所ありますか?)」的な発言は、優しいとは言えますが、視点を変えると、【逃げている&患者側に責任転嫁している】とも言えなくもありません。

絶対の自信、プライド、勇気… そして 治療家として患者さんの体に対する【責任】を持てるからこそ、S先生は「(俺の)治療の効果だ!」と言い切れるのです。

言い切る勇気… 大いに考えさせられた今日この頃でした♪

札幌厚別江別の津田整体院画像190328

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です