ごまかしの術(笑)

こんにちは。札幌厚別江別の津田整体院(旧にこにこ整体院)の津田です。 私が住む江別市は連日の雪模様です。ドカ雪までは行かないのですが、ボクシングでいうところの ボディーブロー のようにしつこい雪の降り方で、何となくイライラした日々が続いております。

ところで、ボディーブローで思い出したのですが、皆さんは(元)ボクサーの亀田興毅選手をご存知でしょうか?
何かとお茶の間を騒がせたボクシング亀田三兄弟の長男さんです。 亀田家をはじめ、亀田興毅選手は悪評ばかりのイメージが先行していますが、日本人初の世界タイトル三階級制覇を果たした、それなりの名チャンピオンです。

名チャンピオンなのにも関わらず、世間の評価は低いです。 わたくし整体師津田も、当初は亀田興毅選手の事を低くみていて、悪評ばかりの悪いボクサーくらいにしか思っていませんでした。 ところが、私の整体院のボクシング経験者のお客様からお話を聞いたのち、その考えは一変しました。

ひょんな事から亀田興毅選手の話題になり、私が 「世界チャンピオンにしては大したことないですよね?」 と言いました。 するとそのボクシング経営者のお客様は次のように言い返してきました。

「いやいや整体師さん、それは違うよ(^^)。 亀田興毅選手の戦いを、よく見てごらん。 確かに打ち合いもしないし、対戦相手をKOできない。 でも視点かえて見てみて。 亀田興毅選手は意外にも “まず打たれない” んだよ! 試合が終わっても顔が腫れてないんだよね。 超ぉハイレベル同士の世界戦で、これって実はスゴいことなんだよね!

ほぉ~、なるほど~。 そこで、亀田興毅選手の過去の戦いが動画投稿サイトで流れているので、少し視聴してみたんです。 実際みてみると… 確かに ほぼ打たれない! 亀田興毅選手は、ガチガチにやりあうケンカファイターのイメージにみえますが、実は冷静沈着で、良い意味で “避ける(よける)戦い方” に長けているボクサー なんです!

さらにボクシング経験者のお客様は、「この避ける(よける)技術は、やってみるとそれはそれで難しい。だから亀田興毅選手はスゴイ!」 と大絶賛でした。 私はボクシング経験が無いので分かりかねますが、その通りなのでしょう。 何はともあれ、亀田興毅選手は視点をかえて評価すると、素晴らしい名チャンピオンだったのですね☆彡

亀田興毅VS内藤大助 世界タイトルマッチ 10R 11R 12R

避ける技術や誤魔化す技術。あまり堂々とは評価されるものではありません。。 しかし 整体術でも時にはとても必要不可欠なテクニックなんです。

整体術が一番真価を発揮するのは、数か月間、ずっ~と 腰痛や肩こりなどがヒドいままだというような慢性症状です。 その一方、昨日今日に痛めたような急性症状の場合は、どちらかというと苦手なんです。

整体というものは、骨格の歪みを回数を重ねて数か月かけて仕上げていく予防医学的なものです。筋トレと同じですね。 その場で痛みが軽減する可能性はありますが、本来はそういうものではないという事です。

特に、上述した急性的な腰痛や肩こりの場合、私の腕前がまだまだのせいもありますが(^^;)、汗水垂らして長い時間、一生懸命に施しても、「痛みが全然取れていないようだ(--;)」と不快感を訴える人もおらっしゃるのです。

そうなると、動揺しやすいキャラの、わたくし整体師津田はとても焦ります(やべぇ~どうしよう~^^;;困”)。

こういう場面で、かつての私でしたらば、最後の神頼みで、その痛がっている部分をピンポイントで集中的に押したりグリグリしたりしていたんです。 さてはて、この最後の神頼みというか、悪あがき整体で、一発逆転はあるのでしょうか??

答えは (ほぼ)“否(NO)” です!

それどころか、かえって悪化する可能性があります。 もうすでにある程度は押したりグリグリしたりしています。そのうえで硬いまま、痛みが残っているまま。それ以上に筋肉組織を押すと、むしろ今度は疲弊や損傷して悪化して行きます。

好きな女性がいたとしましょう。 「好きだよ~❤ 好きだよ~❤」って適度に軽くアプローチしているくらいなら女性側も許せるでしょう。 ところが、毎日電話かけてきたり、家まで押し掛けたりすると、今度は険悪モードになって行きますよね。それと同じです(笑)。

整体も男女関係も “引き際❤” のタイミングってあるもんなんです❤。 それを過ぎると、整体効果も男女関係も悪化していくんです(笑&涙)。

その時にこそ、ボクシング亀田興毅選手のような (良い意味での)“よける&ごかますテクニック” に徹したほうが得策なんです。 ボクシングでいえば、上体を前に屈めるようにして相手のパンチをかわすダッキングや、相手の体に抱きついたり体の一部を掴んで相手の動きや攻撃を止めるクリンチのようなテクニックが求められるのです。

整体術の場合は、ある程度やってダメそうなら、お客様に座って頂き、5~10分位かなぁ~。両腕をモミモミと軽くホグして参ります。 これがボクシングでいうところのダッキングにあたります。

あとはですね~♪ ダッキング(両腕をモミモミ)しながらの “マシンガントーク(会話)” ですかね(❤笑)。
これはボクシングでいうところの “クリンチ” にあたります(笑)。 しゃべって、しゃべって、とにかく気を散らして誤魔化します(笑)!?

そして クリンチし過ぎてレッドカード(反則)!(笑)
二度と我が整体院へ来なくなります(笑&涙)。

タイトル獲得失敗!ハイ!KO負け!(笑)

本邦初公開! 札幌厚別江別の津田整体院(旧にこにこ整体院)“ごまかしの術”(爆笑!)↓

【腕ほぐし】 ここで軽快なトークを入れるのがポイント(笑)。かなり誤魔化すことができます!?(笑)

【金魚運動】 ぶらぶら揺すられているうちに何となく楽になる!? ここでも軽く誤魔化しのトーク(会話)が必要です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です