お金はジョーカー(悪魔)である

札幌厚別江別の津田整体院(にこにこ整体院)画像01

こんにちは。1月は絶好調でしたが、今週は暇モードです。そんなんでお金入ってこないかなぁ~って、ぼんやり紙幣を眺めていたら(眺めてもお金は入ってこないのですが・笑)、そこには 日本銀行券 と書かれている(^^;)…
なんか気になったので日本銀行券について調べてみることにしました。 今日のテーマは お金(お金というシステムについて) にします(笑)

■ お金とは何か?
日本銀行券について考える。

まずはお金とは何か?そこからお話を進めて参りましょう。「紙幣(お札)」は日本銀行だけが発行できる「日本銀行券」ですが、何とですね、日銀の帳簿上では「借金」となっているのです。日本銀行券は、実は「借用証書」なのです。

そして、私たち個人や会社の帳簿上、一万円札は「現金」という資産(債権)になっているんです。逆に日本銀行は私たちから1万円を借りている、負債(債務)を負っているということになります。つまり私たちは日本銀行さんに一万円を貸しているのです♪笑。

ここで皆さんが普段から行っているお買い物について考えてみたいと思います。
スーパーで1万円分の物を買うとします。するとこのスーパーに対して我々は1万円の債務(借金)を負います。当然ながらその弁済をしなければなりません。それを皆さんが日本銀行さんに貸していると解釈できる一万円札を使って返す(弁済する)のです。これが買い物なんですね~(笑)。

札幌厚別江別の津田整体院(にこにこ整体院)画像02お金の流れ

ここで 『日本銀行とはどのような存在か?』 という疑問がわいてきます。
そこで少し調べてみると、何とまあ日本銀行は日本政府の子会社だったのです(※日本銀行は株式会社で、政府が55%位の株式を保有しているそうです)。

そうなるとですね~ 1000兆円を超える「国の借金」という言い方もおかしいとなってきます。国の借金とは「国債」です。国は足りない分を国債で発行し、それを買ってもらって資金を調達し、公共事業や医療や介護に充てています。先ほどのスーパーでの買い物的に考えると、その相手に対して弁済しなければなりません。

ではでは、その相手(国債保有者)とは誰なのか?
それは何と何とその4割が日本銀行、その他は銀行などの金融機関だったのです。

札幌厚別江別の津田整体院(にこにこ整体院)画像03国債保有者おおよその内訳
↑日本国債のおおよその保有内訳(2017~18年辺り)

でもね、日本銀行は日本政府の子会社じゃないですか。世間では一千兆円を超える深刻な借金と思われてますが、しょせんは親子間での貸し借りに過ぎなかったのです。法律的にも親子間の借金は連結決算で相殺されるそうです。その他の相手先である銀行だって日銀や日本政府の子分みたいなもんじゃないですか(笑)。
もう返さなくてもいいんじゃないですかね(笑)。
一千兆円なんてどうせ返せません!
踏み倒しちゃいましょう!(笑)。

この一千兆円を超える「国の借金」なるもののために、消費税が増税され、年金や健康保険がどんどん値上がりし、我々国民の生活が年々苦しくなっていく…。なんだかなぁ~って思っちゃいますね。

生真面目な日本人は借金と聞くだけで拒絶するし、お金というものは崇高で絶対的な存在であると思われていますが、見方をかえると、お金とは債権と債務の 記録 に過ぎないのです。そう考えるとお金という存在に対して心が少し楽になりますね。だから躊躇(ちゅうちょ)せずにどんどん使いましょう(笑)。

■ お金は「ババ」である。

お金というのは実はジョーカー(悪魔)なんです。お金が悪魔なんておかしいことを言うと思われるかも知れません。現にお金が無いと生活ができないですからね。確かにお金は大切だと思いますが、お金だけが全てで大切だとは思わないほうが良いと、私(整体師津田)は考えております。

お金を追い求めるあまり、お金に心奪われ、執着してしまうと、お金だけが大切だと、アナタ自身が気付く間もなく陥ってしまいがちです。

この世でお金を得る事を人生の目的にしてしまって日々過ごすことは、幸せだと思いますか?
答えは 『NO』 です。

お金はなければそれは不幸かもしれませんが、お金を持ちすぎてもそれはそれで不幸なことのように思います。
お金には、多くの方の念や欲、ネガティブな 負のエネルギー がたくさん沁みついているのです。
お金がたくさんあるという事は、それだけ多くの負のエネルギーも持ってしまっている事と同じなんです(と私は思っています。でもお金はそれなりには欲しいですが ^^;笑)。

お金持ちさんって何だか不幸な最期を迎える方が多いんですよね。誰かに殺されたりとか(^^;)。。 最近も紀州のドン・ファンと呼ばれた富豪のお爺さんが不審死を遂げてワイドショーで騒がれていましたよね。

そして何よりも、平成時代になってからの日本国そのものが、低迷しているというか 暗いというか 負のオーラ におおわれちゃっています。それは、国が 消費税を増税したり、年金や健康保険を毎年値上げし、国民からお金を吸い上げることしか考えていないからのような気がしてなりません。

お金というのは、トランプゲームのババ抜きでいうところの ババ です。 ババは ジョーカー(悪魔) ですから、引いたらすぐに次に回さないとダメなんです(笑)。
今すぐ私の整体院へと回してください(笑)。

私が考える正しいお金の使い方は、人の為に使うお金です。お祝い事に使うことや、他人の為に使う寄付などは、正しいお金の使い方ですね。それはやがて思わぬ形で戻ってくる場合が多いです。実に不思議なんですがそういうものなんです。
やはり今すぐ私の整体院で使ってください(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です