中立は難しい・前編

こんにちは。札幌厚別江別の津田整体院(2019年度より店名変更:旧にこにこ整体院)です。 2019年度より店名変更しようと考えているのですが、ホームページやブログのほうでは一足早く津田整体院の名称での運用に切り替えさせて頂きますね。

ところで、本日のブログのテーマは 中立 です。

私は整体師という立場上、いろいろな職種の方々と巡り合うのですが、なかでも何か自分でビジネスをやっている個人事業主さんや小規模な経営者のお客さんが多いです。

それゆえ、その事業をやっているお客さん(以下Aさんとします)のビジネスも良い方向になってほしいので、時には私の別なお客さん(以下Bさんとします)を紹介したりして ”両者をつなげる” 場合もございます。
つまり Bさんは、私の紹介を経て、その事業者Aさんの新しい顧客になるということです。

しかし、これには大きなリスクを伴います。
その繋げた両者が不仲になってしまった場合です!
紹介されて顧客となったBさん側が、Aさんのビジネスのサービスや商品の内容に不満足だったりする場合でございますね。

満足して頂けるか否かは、こればかりは私にはどうしようもできない。。

ラーメンやパンひとつとってもそうですよね。 私がこのラーメンやパンが美味しいと思っても、紹介された側のお客さんは 『美味くない…(ーー;;)』 という場合だってあるのです。

例えば、私の整体院の商圏である江別市や札幌市厚別区には、この地域で繁盛している『どんぐり』というパン屋さんがあるのですが、ここのパン屋の評判は実に千差万別なんです!
ここのパン屋さんは、とても美味しいという声もあれば、なんかベチャベチャしていて全然ダメ等々、すごく評価が分かれちゃうんです。

ただ、ラーメン屋やパン屋でしたら1000円前後ですので、もし紹介した人の口に合わなくても、まあ許せます。

ところが!これが数万円とか数十万円とか単価が高くなると違ってきます!

紹介されて顧客となったBさん側は、Aさんのビジネスのサービスや商品の内容に不満足だった場合、『はい♪ はい♪』とはなりません!

当然『許せない!』となるはずです。

札幌厚別江別の津田整体院ブログ画像2018年11月30日

そして、紹介した私(整体師津田)に対しても下手をすると不信感や不満を抱く可能性があります。 『整体師 津田さんが紹介したせいだ!』と密かに怒りをつのらせるかも知れません(私がその立場ならそうなるかも ^^;)。 そんでもって定期的に通ってくれた私の整体院にも来なくなってしまう(涙”)。。

さてはて、どうしましょう(困”ーー;)。
どちらの味方をしましょう?となります。

事業者Aさんの味方をすると、Aさんはそのまま整体院の顧客として続いてくれそうですが、Bさんは来なくなる。。

逆に、(Aさんのサービスや商品の内容に)不満で怒っているBさんの味方をすると、Bさんはそのまま整体院の顧客として続いてくれるかも知れませんが、事業者のAさんは来なくなる。。

どちらにせよ片側の人のみに肩入れすれば、どちらかを失う可能性が大なのです。

ただでさえ悪い整体院の売上の事を考えると 両方 失いたくはない。。

そうなると ”中立” で行こう! 整体師の津田ちゃんは両方の味方だよ(♥^^)笑』となりますが、なんと まあ これが実に難しい!

この中立対応に ありがちなのが、両方のお客さん(事業者のAさん と 紹介された側のBさん)を失う! つまり両方が整体院へ二度と来なくなってしまうという哀れな結末!(涙”&笑)…

さあ、どうする!?
札幌厚別江別の津田整体院(2019年度より店名変更:旧にこにこ整体院)の津田英志さん!
後編に続く☆彡(笑)。

「中立は難しい・前編」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です