カルロス・ゴーン会長逮捕に思う

こんにちは。にこにこ整体院札幌厚別版(2019年度より津田整体院札幌厚別版)の津田です。 近所の巨大整骨院は【骨盤矯正キャンペーン】なるものを大々的にやっていたからか、すご~く混んでいました。ところがですね~、我が整体院は ほぼ閑古鳥が鳴く一日で終了(涙”)。。

愛用の自作PCの電源もおかしくなって、電源ユニットなどの部品を買って交換せざるを得なかったりと低迷モードが続いていますね~(金欠なのに7千円もの出費!)。 それでも『キチンとやることをやっていれば大丈夫!』(ただしキチンとやっていればの話です ^^;汗”) と自分自身に言い聞かせ日々を生き抜いて参ります(笑)。

なんだかんだで一日を終えようとしていたところ… ビックニュースが飛び込んできました!
東京地検特捜部が 日産 カルロス・ゴーン会長を逮捕というニュースです!

これには びっくりポン !
僕は日産さんの軽自動車(オッティ6年間愛用⇒今はディズで1年目)でお世話になっているのもあり衝撃を受けました。

しかし 不謹慎な発言になっちゃいますが 何だか良かったとも思いました。 僕は どうもカルロス・ゴーン氏のやり方というか思想観には同意できない面があったからです。

カルロス・ゴーン会長が日産のトップになったのは確か西暦2000年位の時だったと思います。 大量のリストラを断行し、経営不振だった日産を再建させはしました。

ところが、この頃から 今までの我が国の文化には無かった ”リストラ” という概念が出てきて、それと同時にグローバリズム思想が台頭してきました。

グローバリズムとは、国を超えて自由貿易および市場主義経済を全地球上に拡大させる思想で、国家(国や国土に住む人たち)なんて関係ない、人はコスト(部品や材料の扱い)であるというような考え方です。 このグローバリズムは、一部の成功者は超ぉ富豪となるものの、多くの格差拡大や貧困を生み出す結果となります。

カルロス・ゴーン会長の頃(グローバリズム思想が台頭してきた頃)から、どうも日本全体に勢いが無くなり、今現在も低迷を続けています(わたくし整体師津田はそう感じております)。

僕は思うのです。
人は コスト【人材】ではなく、宝【人財】です!
(※人財という表現も適切ではないかも知れませんが…)。

介護職なら月20万円前後、タクシー運転手なら月15~17万円前後。。
これなら家も買えません。ローンも組めません。子供も産めません。整体にもあまり来れません(笑)。

フルタイム(1日8時間以上)働いてこの金額。。 これはコストダウン主義のグローバリズムがもたらしたからだと思えてなりません。

やはりね、それなりの時間を働いてる労働者さんには、例えば安くても月30万円とか払えるような世の中にして行くべきです。 今の貨幣価値で月30万円あれば、豊かとまでは言えないものの、そこそこ生活をエンジョイできますよね。

ちょうど平成時代ももう終わります。 平成時代は低迷の時代でしたが、その平成が終わりかけてるところでのグローバリズムの代表格であったカルロス・ゴーン会長の逮捕。。

次の時代は何かが大きく動くような気がします。 その大きな動きが日本国民みんなにとって幸せに導いてくれることを願うばかりです。

その時こそ、札幌厚別江別にこにこ整体院(2019年度より津田整体院に店名変更予定)の整体料金を値上げするタイミングだと考えております!(^^)

最後に。。
僕は日産自動車のユーザーです。
日産の復活をお祈り申し上げて本日のブログを終わりにさせて頂きますね(^^)☆彡

「カルロス・ゴーン会長逮捕に思う」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です