ブログ

身体機能維持目的の解釈論

こんにちは。
北海道では緊急事態宣言の外出自粛が続いております。

そんなこともあり札幌圏の多くの事業者は、北海道からの「休業要請」対象となっていて、休業を余儀なくされています。

この「休業要請」。
最初は4月25日〜5月6日まで休業要請に応じたならば20〜30万円を道(や自治体)で出すとの条件でした。
休むという事は、顧客離れのリスクもあります。多くの事業者(会社)にとっては、とても”しんどい”ですが、2週間ならば何とか「ギリギリOK」と休業要請を受け入れました。

ところが5月4日辺りになって、北海道側が「15日まで延長をお願いする」とアナウンスしたのです。
更に10日間の延長!
しかも休業支援金の上乗せはナシです。これには驚いた事業者さん多かった事でしょう。
それでも新型コロナウイルスは、伝染病ですからどうしようもありません。。

1回目の延長は受け入れるしかなかったものの、13日辺りになって「いよいよ解禁だ!」と喜んだ事業者さんは多い事でしょう。
でもやはり、月末31日までの再延長となりました。。

「ちょうど良い春休みだろぉ〜♪」と思われる方々もいらっしゃるかも知れませんが、そんなに甘い世界ではございません。
実際に個人事業をやってみて頂くと分かりますが、1〜2日休むだけでも「顧客を何人か失うかも(涙)」と不安にかられるものです。

正直、言います。ここまで休業が伸びれば多くの事業者さんは「壊滅的」です。立ち直れないかもしれません。。

さすがに北海道側もヤバイと思ったのか、月末までの休業要請に応じた事業者さんには、経営持続化臨時特別支援金Aとして「10万円」上乗せする決断をしてくれました。
多くの事業者さんたちには全然足りないかとは思いますが、支給されないよりはマシです(^^)。

北海道の経営持続化臨時特別支援金

では では 札幌厚別江別いつも♪にこにこ津田整体院はというと、実は「休業」しておりませんでした。

整体院も一応、「商業施設・整体院」のカテゴリで「休業要請」の対象業種であったものの、横の備考欄に「※主として利用者が身体機能を目的として利用する施設は要請の対象外」と、実に曖昧な文言があったのです(笑)。

新型コロナウイルス・北海道・商業施設・整体院・休業要請

元々、整体という世界そのものが「曖昧(グレー)」なんです。指圧やマッサージ行為は「あんま・はり・マッサージ師」など有国家資格者にしか認められておりません。整体師は民間資格者(悪くいえば無資格者)です。
ところが「骨格矯正」や「骨盤矯正」という、マッサージではなく「あくまでも矯正を行う目的であるからOK♪」という拡大解釈のもと、市場が拡大し続けた背景があるのです。
かつては揉めたみたいですが、市場も拡大し、顧客のニーズもあるので「まあ仕方ないよね♪」って感じになりました。
今回に関しても「※主として利用者が身体機能を目的として利用する施設は要請の対象外」という文言を行政機関が入れるまで、市場のニーズ(求め、要求、需要、必要)が拡大したのです。

腰痛や肩こりなどを起因とする「身体機能の維持ができないレベル」の被施術者(お客さん、患者さん)が多いのも整体界の現実です。そのような道民や市民の実情を考慮して「休業要請の “半分” 対象外」としたのでしょう。

当院では、先々までそれなりに「予約」が入っていたし、今後も入る見込みが高かったので、苦渋の決断で休業されている多くの事業者さんらには大変申し訳ないと思ったものの、営業継続を選択しました。

今回の判断は同じ整体業界でも分かれました。
まずは大手のチェーン店「り○くる」さんなどは休業要請を受け入れました。リラクゼーションを前面に出していたため、休業要請を受け入れる判断をなされたのでしょう。
あと札幌市内の個人規模の整体院も休業要請を受け入れる所がそこそこあったようです。札幌市内は新型コロナウイルス感染拡大がヒドくて、そもそもお客さんの数が激減しちゃって「休業要請を受け入れ 素直に支援金30〜40万円もらったほうがいい(^^;;)」と考えられた整体院も多かったのではないでしょうか(それでも休業される判断は 相当な覚悟だったと思われます)。

ところが 我が江別市民(あとは厚別区民)ですが、ちょっと田舎のせいなのか「郊外だから新型コロナウイルスは大丈夫♪」って感じで、人の流れはいつも通りなんです(笑)。
当院は4月度こそ、回数券消化や緊急事態宣言が発出された月というのもあり、売上高は悪かったものの、3月度と5月度に関しては「まずまずの客足」を維持しております(※注:まずまずといっても、他の整体院からすれば、まだまだ少ない客足だと思いますよ ^^; 涙&笑)。
そのような背景もございまして「休業要請」を受け入れず「営業継続」とさせて頂きました。
ただし、営業時間は2時間短縮し、当院独自で「自粛休業(臨時休業)」も複数回いれました。

札幌厚別江別の整体院の新型コロナウイルスに伴う自粛概要

多くの事業者さんは、悩める日々をお送りのことでしょう。心中お察し申し上げます。
みんなが厳しいですが、みんな厳しいとなれば、なんだか吹っ切れるじゃないですか(o^^o)!
乗り越えて参りましょう!

一度は堕ちるでしょうが、これからはアセンション(波動)と 希望の時代 がやって来ますよ!必ず!(o^^o)